クラッシャージョウ

STAFF COLUMN

「劇場版クラッシャージョウ 4K極上爆音上映」が開催されました!トークショウでは高千穂遙さん、安彦良和さん、竹村拓さん、佐々木るんさんが登壇!

2月4日(土)立川シネマシティにてBlu-ray BOX発売記念 劇場版クラッシャージョウ 4K極上爆音上映が開催されました。

 アルフィンによる「ワープイン!」の掛け声でイベントはスタート。
原作者の高千穂遙さん、監督の安彦良和さん、ジョウ役の竹村拓さん、アルフィン役の佐々木るんさんの4人が登壇し、劇場公開時のプロモーションを中心にトークしました。
 

 

全国を廻ったファンとの交流会で安彦さんが旭川で当時高校生だった漫画家の藤田和日郎さんに質問された話や、
TV番組に『クラッシャージョウ』チームとして、同時期に公開された劇場『宇宙戦艦ヤマト完結編』チーム『幻魔大戦』チームと対戦し、1問目で佐々木るんさんが間違えるも竹村さんが巻き返して、ささきいさおさんと接戦を繰り広げた思い出話で盛り上がりました。
 

 

  『クラッシャージョウ』は公開4ヶ月より順次、特別予告フィルム(4分)、未公開特別フィルム(15分)とプロモーション映像が多く作成されていますが、という問いに
「『クラッシャージョウ』は長い時間かけて少ない戦力で作っていたから出来た事です。他の作品は機動力と物量で業界をあげて短期間で作るから、ギリギリまでフィルムがないんですよ」と安彦さん。
特別披露試写会で高千穂さんは「日本SF作家クラブの諸先輩方に観て貰って、ハードSFの第一人者である柴野拓美さんをはじめ皆さんに『大丈夫、ちゃんとSFになっている』とお墨付きを頂いて、ものすごいほっとしました」と当時の心情を吐露していました。


最後にお一人ずつコメントを頂きました。
佐々木さん「今日は遠いところから時空を超えて来て下さってありがとうございます。
諏訪道彦さんがラジオの仕事で『クラッシャージョウ』という作品を調べた時に海外で人気アニメの100本の内に入っていたそうです。こんな良い作品に巡り会えて、34年後にまた皆さんに会えたのもすごいハッピーな思い出になります。皆さんもいい思い出の一日にして下さい」

竹村さん「4K極上爆音上映でございます。音が凄いです。心臓の弱い方はご用心下さい。
またこういう企画でお目にかかれることを楽しみにしております。お互い体を労って長生きしましょう。最後まで楽しんでいって下さい」

安彦さん「高千穂さんはSFに関しては日本一うるさい男で、作っていた当時は『とにかくSFとして面白くなきゃ許さない』というのがそばに居るわけです。理屈じゃなく楽しんでなんぼなんだからと思いつつ顔色見ていて辛かったですが、今34年前経ってこのように楽しんで頂けるとは思っていませんでした。凄く嬉しいです」

高千穂さん「当時音声を4chにするのは結構大事だったんだけど、当時の設備ではドルビーと4chの違いの再現は無かったと思います。34年経って爆音で再現出来るのは凄いです。
当時の制作側の決断が今日の爆音にどこまで生きているか是非確認して行って下さい」


本編が上映されると劇場内は一気に爆音と共に『クラッシャージョウ』の世界へ。
上映終了後は客席から大きな拍手が起こりました。
また、会場では『クラッシャージョウ』グッズも販売されました。

いよいよ明日発売!

さあさあ!
いよいよ明日はクラッシャージョウBlu-ray BOXの発売日です。
もう予約はお済みですか?
今年のクリスマスプレゼントにはコレしかないでしょ!
さてさて、今回の商品仕様はちょっと分かりづらいので改めておさらいしましょう。


こちらが通常版。

限定版と通常版の違いは特典デスクとクリエイションノート。

この2点が付いてくるか付いてこないかです。

では特典ディスクとは?


劇場版クラッシャージョウの16:9版
スペシャル座談会(安彦良和、高千穂遙、竹村拓、佐々木るん)

なんて豪華なんでしょうね。
そしてクリエイションノート。
こちらは100ページを越える劇場版からOVAまでそれぞれの作品の設定やラフ、美術などをたっぷりと収録。
また読み応えたっぷりのスタッフインタビューも満載!

ハッキリ言います。
後で後悔するくらいなら限定版買っちゃって下さい。
お薦めですよ。

(sunriserights)

劇場版クラッシャージョウ4K版上映会にアルフィン役の佐々木るんさんが登壇しました!

12月8日にTOHOシネマズ新宿でおこなわれた、Blu-ray BOX発売記念「劇場版 クラッシャージョウ4K版上映会」にアルフィン役の佐々木るんさんが一足早いサンタ姿で登壇。

  

今回は33年ぶりにワイド版で4チャンネルという劇場上映時と同じような画角と音質、さらに4Kでリマスターされたとても美しい画面での上映を観たるんさんは
「今日は京都からも、青森からも、福島からも、大阪からもと、みなさん来てくださり本当にありがとうございました」と観客にお礼を述べた後に「すごく良かった、すごくきれいで、特にアルフィンが」と感想を述べ、会場を大いに沸かせました。
そして「今日は何でこんな格好をしてきたのかというと、世の中にサンタさんは居るとずっと信じて生きている私たちは、こうやって幸せにお互いの気持がシェアできて、みんなで一緒に1983年にワープイン出来た気がします。だから今日の写真はみんなでワープインと言って撮りたいと思います」と言うるんさんに、「サンタさんに逆にプレゼントがあります」とできたてホヤホヤのクラッシャージョウBlu-ray BOXの初回限定盤が渡されました。
嬉しそうに初回限定の箱を開けながら映像特典の座談会について「安彦良和監督がクラッシュジャケットの秘密とか色々すごくよく喋っていています」と収録時の思い出をコメントされました。

最後に会場で鑑賞されていたケイ役の瑞原芽理さんにも登場いただき、12月9日に誕生日を迎えられる安彦良和監督へのお祝いメッセージとともに会場全員で記念撮影しました。

限定版BD-BOXの内容をご紹介!

BD-BOXの商品仕様が一通り発表されましたね。
色校も到着し手元で商品状態を再現できるようになってきたので、待ちきれずに実行してみた!
先日Twitterでもご紹介しましたけど、こちらでもご紹介しておきますね。

限定版の梱包箱がコチラ。


梱包箱を捨てたくない派なのでいつも拘ってます。
今回もタイトルロゴを大きくとお願いしてここまでに7回も調整が。
最後はデザイナーも意図をくみ取ってくれて良い形に落とし込んでくれました。
インパクト大事!

そして、箱を開けますとクリエイションノートがどーんと登場!

これがまた大きいのです。
とても読みやすい。
最近は細かい字が辛くなってきましてね・・・。
この表紙はカバーになってます。
これはメーカー担当の拘りで気がついたらそうなってました(笑)。

その下にはデジパックと特典ディスクが。


クリエイションノートのサイズが想像いただけますでしょうか。
​どちらもDVDケースサイズです。
左側が本編DISCとOVAのDISCが収納されるデジパックのものケース。
右側は特典DISCが収納されているケースです。

ブックレットはこちら。

色校で再現したものなのであくまでイメージです。
とても素敵な表紙になってますね。

中身もちょっとだけお見せしましょう。

読み応えのあるものになってますよ〜。
クリエイションノートと合わせてじっくりお楽しみくださいね。

(sunriserights)

クラッシャージョウ追加特典は…

ついに最後の隠し球公開!
映像特典として『告知映像集』の収録です!!
ちなみに収録ディスクは本編ディスクに入ります。
ということで限定版でも通常版でもご覧になります。

さて、こちらの内容なのですが、なんと総尺が約22分!!
見応えありますね。
本編と微妙に異なっていたりしているものもあるので、比べるのも面白いですよ。
TV告知が2Verあったり『水曜スペシャル春休みマンガ祭り!!告知映像』なんて映像まであって当時の情熱が伝わってくるようです。

ちなみにこれらのフィルムは16㎜フィルムでした。
よく発掘されたものです。
多分ソフト初収録。
結構ギリギリに発掘されてギリギリに収録を決定したので、
今回もまた容量との戦いになる担当でした。

あ、店舗特典も限定版と通常版どちらでも付くらしいですよ。
ふっとぱらですね~。

(sunriserights)

PAGE TOP